手作り結婚指輪・婚約指輪の札幌彫金工房

二人で作る手作り結婚指輪

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの価値を決める「4つのC」

ダイヤモンドは宝石の中で唯一明確な基準に基づいてグレーディングされております。
その価値を決めるのが、CARAT(カラット/重さ)、COLOR(カラー/色)、CLARITY(クラリティ/透明度)、CUT(カット/研磨)の4つのCの組み合わせになります。これを「4C」と呼びます。
札幌彫金工房オーナーはGIA(米国宝石学会) GG(宝石鑑定士)の資格を持っており、長年ダイヤモンドビジネスの世界に身を置いておりました。プロの視点から最適なダイヤモンドを提案致します。

CARAT(カラット/重量)

カラットとはダイヤモンドの重さを表す単位です。主にctと略します。1ctは0.2g。重くなる=大きくなるほど希少性が増します。

COLOR(カラー/色)

ダイヤモンドは無色透明ほど価値が上がり、グレードが下がるごとに黄色(もしくは茶色)味を帯びてきます。等級は完全無色のDカラーから始まり、Zカラーまであります。
ほぼ無色のGカラー以上をお勧め致します。

CLARITY(クラリティ/透明度)

天然ダイヤモンドには様々な内包物やキズが含まれます。それらはダイヤの輝きを妨げたり、耐久性にも影響を及ぼします。
クラリティは10倍の拡大検査で評価します。肉眼での判別が付きにくいVS2以上をお勧め致します。

CUT(カット/研磨)

採掘されたダイヤモンドの原石は輝きを持ちません。人の手で正確にカット(研磨)されて初めて輝きます。
カットは輝きに一番影響を与える要素です。エクセレント以上をお勧め致します。

その他のカット要素

トリプルエクセレント

プロポーションの総合評価及び対称性(シンメトリー)、研磨の状態(ポリッシュ)が全てエクセレント評価を意味します。

ハート&キューピット

プロポーションとシンメトリー(対称性)が良いダイヤモンドは8つのキューピットとハートが観察されます。下記の写真はダイヤモンドをクラウン側(平らな方)から、右側の写真はパビリオン側(尖っている方)から特別な条件で撮影したものです。

ダイヤモンド在庫照会

直観的な操作で簡単にダイヤモンドの在庫検索が可能です。
取引メーカー在庫(常時2,000ピース以上)の中からお選び頂けます。
高品質なダイヤモンドをリーズナブルな価格でご提供。 ぜひ一度他店と比較検討してください。

(例) 0.2ct F VS1 3EX H&C ¥63,000(税込)~
(例) 0.3ct G VS2 3EX H&C ¥117,000(税込)~

婚約指輪用だけでなく、普段使いのジュエリー用としてもご購入頂けます。 操作方法及びダイヤモンドの選び方でお困りの時はメールinfo@sapporo-chokin.co.jpもしくは電話011-200-9702までお気軽にお問い合わせくださいませ。
ダイヤモンド在庫照会